カテゴリー: 空き家 家仕舞と活用

新設した土庇と土間のたたき 古民家再生

明治建築の古民家再生 棟梁の家・織りの家

相談 大工であった曾祖父が建て、祖父が育ち、父やおばらが守ってきた明治建築が無住の家となりました。おばはここで伝統的な織物を織りながら生涯を過ごしました。祖先の思いを大事に、少なくとも次世代にきちんと...

蔵の曳家の様子 関宿

家が動く!曳家の仕事

  曳家の工程 準備 曳家は建築基準法上の「建築行為」であるため、建築確認申請が必要です。また登録文化財などでは現状変更の届け出も必要(国に提出)です。ほぼ水平を保つので建物内ではほぼ通常の生活をする...

木造住宅 在来構法 1963年の棟上げの様子

築55年の空き家

相談 築55年、父が建て自分の育った家が空き家になってしまいました。今のところ私を含め兄弟が実家に戻る予定が立たない状況です。近所のこともあって家や庭、畑の管理に週に二、三度通っていますが、このままで...

福住の廃墟

家仕舞と活用

長年ご先祖やご家族が過ごしてきた家にもやがてお別れの時が来ます。 人ならそれはエンディングノートとして、言葉を残したいところですが、家はなかなか語りません。 そこで、家の気持ちになって、その家がたどっ...