カテゴリー: 日本建築と町並み

170810多武峰妙楽寺の子院 塀瓦 登録文化財2019

古景を閉じ込めた空間 多武峰旧真法院・旧慈門院、登録文化財に...

文化庁解説文:旧真法院(西宮家住宅)は、旧妙楽寺子院が神仏分離後に社家住宅となったもの。主屋の内拝所はもと仏間で、本尊厨子は小屋裏に据えており、密かに拝んだと伝わる。子院建築の好例。表門は棟門で、木柄...

040129団栗縄手の古町家 粋な小床 床柱の中抜き

床柱の中抜きは息抜き?

中抜きの床柱が語るもの・・・京町家の手練 明治期から戦後にかけて自由な発想の床の間の造作が庶民の間でも広がります。特に阪神間は「何でもあり」がまかり通ることを感じます。銘木屋さんのモデルルームのような...

藤原京と耳成山

藤原京と耳成山【みみなしやま】

藤原京と耳成山 「藤原の 古りにし里の 秋萩は 咲きて散りにき 君待ちかねて」【藤原京、都に咲く萩は、あなたが来るのを待ちかねて、あぁ、もう散ってしもうたよ・・・; .;】藤原京から2㎞ほど向こうの耳...

和風金物 笄 こうがい 真如堂山門脇扉 

日本建築と金物

和風金物のはじまり 日本建築における最初の金物といえば、木造の補強材である釘ではないでしょうか。 日本が誇る木造建築のすぐれたものは釘一本使っていないといわれたりしますが、実際は奈良時代以前の金属の加...

ウエブサイト景観生活西宮編

西宮市の景観調査

調査・活動の目的 私どもは主に阪神エリアで良好な都市景観、もしくは建造物を含む環境のすぐれた里山景観を守り、育て、活かしていくことを理念に活動している景観サポーターです。近年西宮市をはじめ各地で「景観...