木造住宅の耐震診断と補強設計

木造住宅の耐震診断・補強設計 伝統構法を活かす(限界耐力計算)

阪神淡路大震災を経験した阪神地区で多くの耐震診断と補強設計を手がけてきました。また古民家再生のご相談の中でも安全な住まいへの関心が深く、耐震に配慮したリフォームも多くありました。特に伝統的な建物のよさを生かせる耐震診断法として限界耐力計算も採用しています。

建物に応じた納得の耐震補強をお届けするために、まずはきちんとして現況調査をされることをおすすめします。

古民家の小屋組 面格子壁を使った耐震補強

耐震診断の進め方

【1】初期相談

お話をお聞きして概算見積をいたします。地元行政に診断助成などの有無を確認します。

【2】現地調査

公費助成がある場合は予め申請業務をします。原則非破壊検査ですが、耐震診断法によってそれにあった現況調査をします。
例 築15年以上の一般在来構法の木造住宅・・・一般診断、一般診断精算法、精密診断のいずれか。
築70年以上の伝統構法の建物・・・上記以外に、限界耐力計算法

【3】診断報告書の作成と初期補強計画

【4】必要に応じて補強設計と補強診断

改修工事に進まれる方は「古民家再生の進め方」を参照してください。

 

ご相談・お問合せ

 


 

「木造住宅の耐震診断と補強設計」の関連記事一覧